2017年05月18日

[共通] NOISE(P), NOISE(W)で吸音率の単位表記切替

Super NOISE(P), NOISE(W)では過去のバージョンとの互換性の関係から、吸音率を100倍した「%」表記を行っていましたが、これを通常の表記に簡単に切り替えられるようにいたしました。
インストール後に遮音壁データのチェックボックスを切り替えるだけで、それ以降、そのPCでは切り替えた表記のままとなります。(同様に「%」表記に戻すことも可能です)
周波数データベース上の表記は上記の遮音壁の表記に自動的に連動します。
posted by Superシリーズ更新情報 at 15:20| 共通項目

2017年05月11日

[共通] AIR, HIWAYで計算開始時にNO2の場合NOxに自動切り替え

 Super AIR, HIWAYで計算開始時にNO2の場合NOxに自動切り替えするように変更いたしました。

 指数近似モデルI式を使って計算し場合、計算完了時に自動的にNO2となります。メッシュ計算、地点計算と順番に行う場合、計算開始時にNOxに直す必要がありましたので、この手間を省くための変更です。

 指数近似モデルI式以外の方法でNO2に変換する場合には、NOxのままメッシュ、地点等、必要な計算を全て行ってから、NO2に変換してください。
posted by Superシリーズ更新情報 at 14:23| 共通項目

2017年05月09日

[NOISE(P)] 建物内音源の計算方法の変更

これまでの建物内に音源がある場合の、計算対象壁面の考え方を改良いたしました。
従来の計算方法と改良版のいずれを選択することも可能です。
posted by Superシリーズ更新情報 at 18:20| Super NOISE(P)

[NOISE(P)] ASJモデル選択時の側方回折対応

これまでASJ CN-Modelに厳密に対応したものとするため、予測モデルに「旧バージョン」を選択した時にのみ側方回折を考慮するようになっておりましたが、利便性のため、および建物内部の音源の計算に考慮するため、ASJ CN-Modelを選択した時にも側方回折を考慮する選択肢を追加しました。
posted by Superシリーズ更新情報 at 18:16| Super NOISE(P)

2017年04月12日

[共通] Windows 10 Creators Update 対応について

Windows 10 Creators Update に対応しております。
動作確認を行いました。
posted by Superシリーズ更新情報 at 13:33| 共通項目

2017年03月14日

[共通] 気象データファイル名をデータファイルに保存

Super AIR, HIWAY, DUST(P), DUST(H)のデータファイルに、年平均・長期平均・月平均予測に使用した気象データファイル名を合わせて保存いたします。
データファイル読み込み時に、自動的に気象データファイルも読み込み、そのまま長期平均等の予測計算が行えるようになりました。
posted by Superシリーズ更新情報 at 16:16| 共通項目

[AIR] 面煙源の形状を任意の多角形に対応

面煙源の形状はこれまで暫定的に任意の四角形としていましたが、任意の多角形に対応いたしました。
posted by Superシリーズ更新情報 at 16:14| Super AIR

[NOISE(P)] 面音源(ユニット)の形状を任意の多角形に対応

面音源(ユニット)の形状はこれまで暫定的に任意の四角形としていましたが、任意の多角形に対応いたしました。
posted by Superシリーズ更新情報 at 16:12| Super NOISE(P)

2017年03月09日

[DUST(P)] 発生源の形状を任意の多角形に対応

発生源(面源)の形状はこれまで暫定的に任意の四角形としていましたが、任意の多角形に対応いたしました。
なお、他のシステムで同様に暫定的に任意の四角形を面源としているものも同様に任意の多角形に対応できます。ご要望のあるものから順次対応いたしますので、希望されるユーザー様はご連絡ください。
posted by Superシリーズ更新情報 at 14:33| Super DUST(P)

2017年03月02日

[AIR] 道路環境影響評価の技術手法(H24)建設機械用拡散式、拡散係数補正対応

道路環境影響評価の技術手法(平成24年度版)に示されている建設機械の大気汚染予測式は、長期平均の場合に長期平均用の予測式(濃度一様モデル)を用いず、固定発生源(焼却炉や工場等)の短期平均の拡散式を用いることとされています。
また、拡散係数σypには1.82を乗じて用いられます。
さらに、弱風時の予測式(パフモデル)は、固定発生源(焼却炉や工場等)に用いられている弱風時のモデルと無風時のモデルではなく、自動車大気汚染の無風・弱風時のパフモデルを用いることとされています。
発生源情報の建設機械にチェックを入れるだけで上記に自動的に対応します。
posted by Superシリーズ更新情報 at 17:36| Super AIR