2019年11月29日

[共通] ファイル読み込み時のバージョンチェック

Super NIOSE(P) Ver.2.48.3
Super NOISE(H) Ver.2.37.3
Super NOISE(W) Ver.1.33.2
Super HIWAY Ver.2.38.1
Super DUST(P) Ver.15.2
Super DUST(H) Ver.16.2
Super VIB(P) Ver.2.18.9
Super VIB(H) Ver.2.16.7
Super SPLINE Ver.2.10.6
Super SPLINE/GIS Ver.3.13.6

ファイル読み込み時にファイル形式のバージョンをチェックし、プログラムのバージョンが古い場合には読み込まないようにいたしました(Super AIRはすでに対応済です)。
posted by Superシリーズ更新情報 at 12:22| 共通項目

2019年11月28日

[共通] データベース保存フォルダの変更ダイアログ等の表示

Super NOISE(P) Ver.2.48.2.1911
Super NOISE(W) Ver.1.33.1.1911
Super DUST(P) Ver.1.15.1.1911
Super DUST(H) Ver.1.16.1.1911
Super VIB(P) Ver.2.18.8.1911

データベース保存フォルダはデータベースを変更する場合、最初のインストール時のデフォルトから変更が必要です。
変更しない場合にエラーとならないよう、変更されていない時には変更をうながすダイアログボックスを表示して、閲覧専用モードで開くように変更いたしました。
これにより変更を忘れたことによるエラー表示等を防ぐことができます。
posted by Superシリーズ更新情報 at 14:41| 共通項目

2019年11月27日

[共通] 勾配グラフ、断面計算の2断面対応

Super NOISE(H) Ver.2.37.2.1911
Super HIWAY Ver.2.38.0.1911

Super NOISE(H)およびSuper HIWAYで、勾配グラフの表示および断面計算を2断面対応としました。
沿道両側の断面コンター表示等にご活用いただけます。
posted by Superシリーズ更新情報 at 13:12| 共通項目

2019年11月26日

[NOISE(H)] 昼間・夜間LAeq計算時に交通量が0の時のエラー回避 Ver.2.36.2.1911

24時間交通量を用いて昼間・夜間のLAeqを計算する際、昼間あるいは夜間の交通量の合計が0台だった場合、各時間帯の等価騒音レベルから昼間あるいは夜間の等価騒音レベルを計算する時にLog10(0)が生じてしまいます。

これにより計算結果が無限小となってしまい、一旦保存したファイルが開けなくなってしまう問題がありました。

計算結果が無限小であること自体は間違いではないのですが、操作上問題があるので、この時の計算結果を0と表示することで問題が起きないようにしました。

なお、計算途中では0より小さな値まで計算して誤差が生じにくいようにしています。
posted by Superシリーズ更新情報 at 11:36| Super NOISE(H)

2019年11月25日

[HIWAY] 勾配4%以上の排出係数勾配補正の選択肢追加 Ver.2.37.0.1911

道路環境影響評価の技術手法では排出係数勾配補正の勾配の適用範囲は4%までとなっています。
そのため、これまでは4%以上の勾配は4%として計算していましたが、4%以上の勾配をそのまま補正したい場合のために選択肢を追加しました。
posted by Superシリーズ更新情報 at 11:20| Super HIWAY

2019年11月22日

[NOISE(P)] ファイル読み込み時のエラー修正 Ver.2.48.1.1191

ファイルフォーマットの変更に伴い、計算条件の設定によっては新しく保存したファイルの読み込み時にエラーが出る場合がございましたので、正しく読み込めるよう修正いたしました。
posted by Superシリーズ更新情報 at 16:59| Super NOISE(P)

[HIWAY] 道路座標等のCSV出力(入力の項目追加) Ver.2.36.0.1911

これまでCSVファイルより道路座標等を一括して読み込むことができました。(座標のみの場合とインターチェンジであるかどうか、勾配、車速、加速部かどうかのセットの2通り)
CSVからの読み込み項目に同期番号を追加し、さらに同じ項目のCSVファイルを出力する機能に対応いたしました。
posted by Superシリーズ更新情報 at 10:09| Super HIWAY

2019年11月20日

[共通] 勾配グラフ(断面計算)位置の始点・終点反転機能

勾配グラフ(および断面計算)位置の始点・終点を1クリックで入れ替える機能をつけました。
posted by Superシリーズ更新情報 at 13:17| 共通項目

[共通] 断面コンター表示左右反転

断面コンター表示左右反転を左右反転できるようにいたしました。
左右反転した時には、X軸の原点は左端となり、Y軸座標は左側に表示されます。
道路端から沿道の断面コンター表示の際に便利です。
posted by Superシリーズ更新情報 at 13:13| 共通項目

2019年11月15日

[NOISE(P)] 吸音率と透過損失の整合性チェック機能 Ver.2.47.0.1911

壁面に設定した吸音率と透過損失が矛盾していないかチェックする機能を追加しました。

音のエネルギーは、入射音=反射音+透過音+壁による吸収 という関係があります。従って反射音と透過音の合計が入射音を上回ることはありません。

したがって
(1−α)+(10^(−R÷10))
= (反射音Er÷入射音Ei)+(透過音Et÷入射音Ei)
= (反射音Er+透過音Et)÷入射音Ei
が1を超えていないか確認することで、矛盾が生じていないかチェックすることができます。

 吸音率 α = 1−(反射音Er÷入射音Ei)
 透過率 τ =   (透過音Et÷入射音Ei)
 吸音効果 ΔLabs = 10・log10(1−α)
 透過損失[dB] R = −10・log10 τ

壁に入力した値、あるいはデータベースから選択した周波数毎に値に矛盾がある場合、画面上の数値あるいはデータベースから選択した名称を赤文字で表示するようにいたしました。
ただし矛盾していても計算の実行はできます。
posted by Superシリーズ更新情報 at 13:17| Super NOISE(P)

2019年11月14日

[NOISE(H)] 法面の地表面条件の設定 Ver.2.35.0.1911

盛土構造、切土構造の場合の地表面効果の考慮のための地表面の条件の設定を、法面と沿道についてそれぞれ別々に設定できるようにいたしました。
posted by Superシリーズ更新情報 at 15:00| Super NOISE(H)

2019年11月12日

[AIR] 夜間の排出条件の単位表示の修正 Ver.2.41.2.1911

SPMの場合、排出条件の単位が重量濃度になりますが、夜間の排出条件について表示を切り替えておりませんでしたので修正いたしまいした。計算には影響ありません。
posted by Superシリーズ更新情報 at 17:05| Super AIR