2019年07月30日

[HIWAY] 遮音壁の設定関連の機能追加

道路環境影響評価の技術手法では、道路の両側に遮音壁がある場合(盛土以外の場合)、有効煙突高は遮音壁高さ+1mとし、遮音壁の高さが3m以上の場合には初期拡散幅σz0を4mとします。
Super HIWAYでそのために遮音壁の高さを明示的に入力することで、有効煙突高および初期拡散幅σz0が自動的に設定されるようにいたしました。
posted by Superシリーズ更新情報 at 16:15| Super HIWAY