2019年07月31日

[HIWAY] 盛土構造の場合の有効煙突高補正対応

道路環境影響評価の技術手法では、遮音壁が無い盛土構造の場合、有効煙突高は(盛土高さ+1m)÷2として計算します。
Super HIWAYでは盛土構造を選択し、遮音壁が無い設定の場合に、自動的に有効煙突高をこの方法で補正するようにいたしました。
posted by Superシリーズ更新情報 at 15:55| Super HIWAY