2019年09月12日

[共通] 連続する道路、路端、壁面等の矢印、名称、番号等表示の改良

連続する道路、遮音壁、路端、遮音壁、裏面等の矢印、名称、番号等表示を改良し、道路リンク等の向き(始点・終点がどちらか)同期番号が同じで座標が接続されているかどうか簡単に判別できるようにいたしました。
例えば連続した複数の道路リンクの同期番号が同じで、座標が連続している場合、最初の道路リンクにのみ同期番号、名称が表示され、最後の道路リンクの矢印は大きく表示されます。
また矢印は進行方向のみに表示されるので、始点・終点の向き(道路リンクの進行方向等)がひとめで分かります。
壁面等も同様です。
ただし矢印表示していないシステムは上記の矢印の変更はありません。
またそもそも該当するデータがないシステム(AIR, DUST(P), SPLINE, SPLINE/GIS)は今回の変更はありません。
posted by Superシリーズ更新情報 at 16:02| 共通項目