2019年10月23日

[AIR] 大気安定度別のべき指数Pに任意の値を設定可能

年平均濃度計算時の大気安定度別のべき指数Pとして、実測値から求めた値を使用できるよう、任意の値を設定することも可能にしました。
従来通りの一般的なPの値、都市域による補正値1.5を乗じた値、任意の補正値を乗じた値、大気安定度別のべき指数Pの設定のいずれかを選択、入力できるようになりました。
posted by Superシリーズ更新情報 at 18:25| Super AIR