2020年01月22日

[AIR] Super NOISE(P)のデータ読み込み機能 Ver.2.46.0

Super NOISE(P)のデータ読み込み機能を追加いたしました。
計算範囲(メッシュ数、メッシュ間隔)、点音源、複数点音源(線音源)および面音源の座標、地図画像情報等が読み込まれます。
建設機械の騒音、大気汚染予測を行う場合を想定しているため、発生源のデータは建設機械のチェックボックスにチェックが入り、有効煙突高計算は行わず実煙突高からの計算の状態として読み込みます。(読み込み後に変更することは可能です)
posted by Superシリーズ更新情報 at 15:25| Super AIR