2020年01月15日

[共通] 夜間の大気安定度の風速のみによる分類に対応

Super AIR Ver.2.45.0
Super HIWAY Ver.2.42.0
2019年2月1日より一部の気象台において雲量の観測(目視による観測)が行われなくなりました。
今後も自動化の推進により雲量の観測が行われなくなる方向性にあります。
そのため、Super AIRおよびSuper HIWAYでは雲量を用いない夜間の大気安定度の分類に対応いたしました。
夜間についてはこれまでの放射収支量、雲量に加え、METI-LISマニュアルVer.3.02を参考に風速のみで安定度分類する方法も選択できるようにいたしました。
具体的にはUに対して下記のように分類いたします。
地上風速U[m/s]
U<2.0:安定度 F
U:2.0〜2.9:安定度 E
U:3.0〜3.9:安定度 D
U:4.0〜5.9:安定度 D
6.0<U:安定度 D
posted by Superシリーズ更新情報 at 15:05| 共通項目

2020年01月07日

[共通] データベースフォルダを開く機能

Super NOISE(P) Ver.2.51.3
Super NOISE(W) Ver.1.36.2
Super DUST(P) Ver.1.18.3
Super DUST(H) Ver.1.19.3
Super VIB(P) Ver.2.20.3

周波数データベース、基準振動レベルデータベース、基準降下ばいじん量データベースなどを保存しているフォルダをメニューから開く機能を追加しました。
各データベース保存フォルダ設定の下に追加の「データベース保存フォルダを開く」を選択すると、Windowsのエクスプローラでデータベースファイルが保存されているフォルダが開かれます。

(なお、これら外部に保存されているデータベースとデータ本体のデータは、これまで「表示」メニューではいずれも「データベース」と表記されていましたが、まぎらわしいので本体のデータは「データ」に変更しました。
posted by Superシリーズ更新情報 at 14:30| 共通項目

2019年12月25日

[共通] 発生源、遮音壁、断面等の線分入力時の定規に角度表示の追加

Super NOISE(P) Ver.2.51.2.1912
Super NOISE(H) Ver.2.40.1.1912
Super NOISE(W) Ver.1.36.1.1912
Super AIR Ver.2.44.1.1912
Super HIWAY Ver.2.41.1.1912
Super DUST(P) Ver.1.18.1.1912
Super DUST(H) Ver.1.19.1.1912
Super VIB(P) Ver.2.20.1.1912
Super VIB(H) Ver.2.19.1.1912
Super SPLINE/GIS Ver.3.15.0.1912

2019年9月10日の更新で、発生源、遮音壁、路端、断面等を含む線分入力時に定規のような寸法表示と線分の長さを数字で表示するようになりましたが、これに角度を追加で表示するようにいたしました。
定規、分度器代わりに使用して必要な箇所の長さ、傾きを調べるのに利用することもできます。
posted by Superシリーズ更新情報 at 16:54| 共通項目

2019年12月24日

[共通] 任意の位置に画像地図を表示する機能

Super NOISE(P) Ver.2.51.1.1912
Super NOISE(H) Ver.2.40.0.1912
Super AIR Ver.2.44.0.1912
Super HIWAY Ver.2.41.0.1912
Super DUST(P) Ver.1.18.0.1912
Super DUST(H) Ver.1.19.0.1912
Super VIB(P) Ver.2.20.0.1912
Super VIB(H) Ver.2.19.0.1912

全システムに任意の位置に画像地図を表示する機能をつけました。なお、Super NOISE(W), SPLINE/GISは12/18, 19の更新機能で対応済みです。
画像地図を任意の位置に動かし、任意のサイズで表示することができます。さらにその画像地図が計算範囲いっぱいになるよう計算範囲(および標高地点)を変更することができます。

具体的には以下の手順です。赤文字が追加機能です。
  • 計算範囲上で右クリック→地図画像 縮尺設定」を選択。表示に従って2点をクリックし距離を入力
  • 計算範囲上で右クリック→地図画像 移動」を選択。動かしたい場所までドラッグ(左ボタンを押したままマウス移動)
ここまでの操作で地図の表示位置と大きさを任意に変更することができます。

位置(原点)と大きさ(範囲)は「表示」→「表示設定」からも変更、確認することができます。「表示範囲合わせ」にチェックを入れると従来と同じように計算範囲全体に表示されます。

さらに計算範囲を画像地図と一致させたい場合には
  • 計算範囲上で右クリック→予測範囲を地図画像に合わせる」を選択
としてください。ただし地形データが読み込まれている場合には、地形データは削除されてしまいますのでご注意下さい。
posted by Superシリーズ更新情報 at 17:00| 共通項目

2019年12月05日

[共通] 3次元表示への計算地点表示

Super NOISE(P) Ver.2.50.0.1912
Super NOISE(H) Ver.2.39.0.1912
Super NOISE(W) Ver.1.34.0.1912
Super AIR Ver.2.43.0.1912
Super HIWAY Ver.2.40.0.1912
Super DUST(P) Ver.1.17.0.1912
Super DUST(H) Ver.1.18.0.1912
Super VIB(P) Ver.2.19.0.1912
Super VIB(H) Ver.2.18.0.1912
3次元表示にも計算地点を表示するようにいたしました。
posted by Superシリーズ更新情報 at 14:26| 共通項目

2019年12月03日

[共通] 始点・終点の反転機能

Super NOISE(P) Ver.2.49.0.1911
Super NOISE(H) Ver.2.38.0.1911
Super HIWAY Ver.2.39.0.1911
Super DUST(P) Ver.1.16.0.1911
Super DUST(H) Ver.1.17.0.1911
Super VIB(H) Ver.2.17.0.1911
道路リンク、遮音壁、路端、高架裏面、トンネル抗口等、始点・終点の順番が重要なデータについて、ボタンをクリックするだけで始点、終点を入れ替えられるようにいたしました。入力の順番を間違えた場合等に便利です。
posted by Superシリーズ更新情報 at 15:51| 共通項目

2019年11月29日

[共通] ファイル読み込み時のバージョンチェック

Super NIOSE(P) Ver.2.48.3
Super NOISE(H) Ver.2.37.3
Super NOISE(W) Ver.1.33.2
Super HIWAY Ver.2.38.1
Super DUST(P) Ver.15.2
Super DUST(H) Ver.16.2
Super VIB(P) Ver.2.18.9
Super VIB(H) Ver.2.16.7
Super SPLINE Ver.2.10.6
Super SPLINE/GIS Ver.3.13.6

ファイル読み込み時にファイル形式のバージョンをチェックし、プログラムのバージョンが古い場合には読み込まないようにいたしました(Super AIRはすでに対応済です)。
posted by Superシリーズ更新情報 at 12:22| 共通項目

2019年11月28日

[共通] データベース保存フォルダの変更ダイアログ等の表示

Super NOISE(P) Ver.2.48.2.1911
Super NOISE(W) Ver.1.33.1.1911
Super DUST(P) Ver.1.15.1.1911
Super DUST(H) Ver.1.16.1.1911
Super VIB(P) Ver.2.18.8.1911

データベース保存フォルダはデータベースを変更する場合、最初のインストール時のデフォルトから変更が必要です。
変更しない場合にエラーとならないよう、変更されていない時には変更をうながすダイアログボックスを表示して、閲覧専用モードで開くように変更いたしました。
これにより変更を忘れたことによるエラー表示等を防ぐことができます。
posted by Superシリーズ更新情報 at 14:41| 共通項目

2019年11月27日

[共通] 勾配グラフ、断面計算の2断面対応

Super NOISE(H) Ver.2.37.2.1911
Super HIWAY Ver.2.38.0.1911

Super NOISE(H)およびSuper HIWAYで、勾配グラフの表示および断面計算を2断面対応としました。
沿道両側の断面コンター表示等にご活用いただけます。
posted by Superシリーズ更新情報 at 13:12| 共通項目

2019年11月20日

[共通] 勾配グラフ(断面計算)位置の始点・終点反転機能

勾配グラフ(および断面計算)位置の始点・終点を1クリックで入れ替える機能をつけました。
posted by Superシリーズ更新情報 at 13:17| 共通項目

[共通] 断面コンター表示左右反転

断面コンター表示左右反転を左右反転できるようにいたしました。
左右反転した時には、X軸の原点は左端となり、Y軸座標は左側に表示されます。
道路端から沿道の断面コンター表示の際に便利です。
posted by Superシリーズ更新情報 at 13:13| 共通項目

2019年10月21日

[共通] 降下ばいじん予測の4季節気象データの自動作成

Super DUST(P) Ver.1.15.0.1910
Super DUST(H) Ver.1.16.0.1910

DUST(P)、DUST(H)では、以前よりアメダスの「過去の気象データ・ダウンロード」よりダウンロードした風向、風速を用いた場合には、自動的に4季節分の気象データを作ることも出来ました。
アメダスデータを用いない場合でも、データの開始日時を指定することにより、アメダスデータを用いた場合と同じように4季節分の気象データの自動作成できるようにいたしました。
posted by Superシリーズ更新情報 at 15:50| 共通項目

2019年09月13日

[共通] 断面位置表示ラインの改良

これまでのバージョンでは断面グラフウィンドウの表示と断面位置表示が連動していましたが、チェックボックスにチェックを入れることで、断面位置の線を表示したままにできるよう改良いたしました。
posted by Superシリーズ更新情報 at 16:59| 共通項目

2019年09月12日

[共通] 連続する道路、路端、壁面等の矢印、名称、番号等表示の改良

連続する道路、遮音壁、路端、遮音壁、裏面等の矢印、名称、番号等表示を改良し、道路リンク等の向き(始点・終点がどちらか)同期番号が同じで座標が接続されているかどうか簡単に判別できるようにいたしました。
例えば連続した複数の道路リンクの同期番号が同じで、座標が連続している場合、最初の道路リンクにのみ同期番号、名称が表示され、最後の道路リンクの矢印は大きく表示されます。
また矢印は進行方向のみに表示されるので、始点・終点の向き(道路リンクの進行方向等)がひとめで分かります。
壁面等も同様です。
ただし矢印表示していないシステムは上記の矢印の変更はありません。
またそもそも該当するデータがないシステム(AIR, DUST(P), SPLINE, SPLINE/GIS)は今回の変更はありません。
posted by Superシリーズ更新情報 at 16:02| 共通項目

2019年09月10日

[共通] 発生源、遮音壁、断面等の線分入力時の定規、距離表示

発生源、遮音壁、路端、断面等を含む線分入力時に定規のような寸法表示と線分の長さを数字で表示するようにいたしました。
線分の長さ(距離)を確認しながらデータや断面を入力したい際に便利です。
posted by Superシリーズ更新情報 at 15:31| 共通項目

2019年09月06日

[共通] ファイルの履歴機能

過去に読み込んだり保存したファイル名の履歴が「ファイル」メニューの「最近使ったファイル」に一覧として表示され、簡単に再度読み込むことが出来るようになりました。
履歴は簡単に消去することもできます。
posted by Superシリーズ更新情報 at 15:47| 共通項目

2019年09月03日

[共通] ウィンドウのタイトルバーに表示するファイル名からフォルダ名を削除

メインウィンドウと結果ウィンドウにデータファイル名が表示されますが、従来はフォルダ名とともに表示されていたため場合によっては長くなりわかりにくい場合がありました。
これをファイル名からフォルダ名を除いた部分のみを表示するように変更いたしました。
posted by Superシリーズ更新情報 at 15:20| 共通項目

2019年08月09日

[共通] 名前と番号を分けて表示

発生源番号等と設定した名称は両方とも表示するか、両方とも表示しないかいずれかの選択でしたが、番号と名前を分けて表示、非表示を選択できるようにいたしました。
posted by Superシリーズ更新情報 at 00:00| 共通項目

2019年07月29日

[共通] 同期番号の一括設定、変更機能

Super HIWAY, NOISE(H)に先日追加した同期番号の一括設定、変更機能を他のシステムにも対応しました。
発生源、道路リンク、壁面等の同期番号を以下の4通りの方法で一括設定、変更できる機能を追加いたしました。
・データ番号(発生源番号、道路リンク番号、壁面番号等)の範囲を指定し、指定した同期番号を設定
・データ番号(発生源番号、道路リンク番号、壁面番号等)の範囲を指定し、新たな(未使用の)同期番号を設定
・指定した同期番号を、指定した別同期番号に変更
・指定した同期番号を、新たな(未使用の)同期番号に変更
posted by Superシリーズ更新情報 at 15:21| 共通項目

2019年07月25日

[共通] 地形等高線表示機能の改良(等高線間隔の変更機能)

Super NOISE(P), NOISE(H), NOISE(W), AIR, HIWAYで、地形を設定した場合に、入力画面と計算結果のメッシュ画面、コンター画面に等高線の表示がチェックボックスで選択できますが、等高線の間隔を任意の間隔に変更できるようにいたしました。
posted by Superシリーズ更新情報 at 17:04| 共通項目