2016年02月17日

[AIR] 同期番号を煙源に導入し同一条件の入力、変更が簡単に

これまで Super NOISE(P)、NOISE(H)、HIWAY、VIB(H)等では同期番号が0以外で同じ数字の場合には、座標以外のデータが自動的に同じとなる機能がありました。これにより複数の道路リンク、音源、振動源等のデータを自動的に同じ値に同期することができ、データの入力、変更が簡単に行うことができました。
Super AIRの煙源にも同期番号機能を導入いたしました。 多数の同じ条件の煙源を設定される場合の作業が大幅に効率化できます。
posted by Superシリーズ更新情報 at 14:57| Super AIR

2016年01月26日

[SPLINE/GIS] 市町村境毎の集計機能

計算範囲の緯度経度を設定し、市町村境を表示している時に、市町村境内部のメッシュの値を集計(最小値、最大値、平均値、標準偏差)計算しCSVファイルに出力する機能(暫定版)を追加しました。
posted by Superシリーズ更新情報 at 16:18| Super SPLINE/GIS

2016年01月21日

[SPLINE/GIS] 測定地点から離れたメッシュのクリア機能

測定地点から離れたメッシュを指定した値でクリアする機能を追加しました。
格子状に密集した測定地点(標高メッシュなど)の補間計算結果のうち、データの無い範囲を一定に値でクリアすることが出来ます。海面上など、データが無い範囲について極端な値になるのを防ぐことが出来ます。
posted by Superシリーズ更新情報 at 14:49| Super SPLINE/GIS

2016年01月20日

[SPLINE/GIS] 補間結果(平面データ)から任意の複数地点のデータの取得機能

補間結果(表示中のレイヤ)から、任意の複数地点(「測定地点」に設定した全地点)の値を一括で取得する機能に対応しました。
スプライン補間計算等で作成したデータより、任意の複数地点の数値を簡単に取得できます。
取得の際には、内挿による方法と、最も近い地点の値を採用する方法が選択できます。
posted by Superシリーズ更新情報 at 16:43| Super SPLINE/GIS

2015年12月22日

[NOISE(W)] 計算地点座標のCSV読み込みの平面直角座標系、緯度・経度対応

これまで計算地点座標の入力は、画面の入力については計算範囲の原点からの座標、平面直角座標系、緯度・経度の3種類に対応していました。
今回の機能追加によりCSVファイルから読み込む際にも上記の3種類の座標指定による読み込みが出来るようになりました。
posted by Superシリーズ更新情報 at 14:15| Super NOISE(W)

2015年12月21日

[NOISE(W)] シャドーフリッカー・日影のデータ管理の変更

これまでは、シャドーフリッカーと日影は、どちらか最後に計算した方がデータおよびデータファイルに保存されていましたが、それぞれ別に管理するように変更し、両方とも保存されるようにいたしました。
posted by Superシリーズ更新情報 at 16:21| Super NOISE(W)

2015年12月18日

[NOISE(W)] 風車座標のCSVファイルからの読み込み

風車座標および同期番号をCSVファイルから一括して読み込めるようにいたしました。
なお、座標としては、計算範囲の原点からの座標、平面直角座標系の座標、緯度経度のいずれにも対応しております。
posted by Superシリーズ更新情報 at 14:02| Super NOISE(W)

2015年12月11日

[NOISE(P)] 地点別計算時に音源毎の寄与レベル出力対応

従来は指定した1地点について、音源別の寄与レベルを表示、CSVファイルに保存することが出来ましたが、地点別計算の対象座標全てについて、音源毎の寄与レベルをCSVファイルに簡単に一括保存できるようにいたしました。
posted by Superシリーズ更新情報 at 18:47| Super NOISE(P)

2015年12月09日

[NOISE(P)] 床面の吸音率対応

屋内にある音源について、従来は内壁面と天井の吸音率を室定数Rを計算していましたが、床面の吸音率を設定し考慮することが出来るようにしました。
これまでどおり内壁面と天井のみを考慮した計算も可能です。
posted by Superシリーズ更新情報 at 17:41| Super NOISE(P)

2015年12月08日

[共通] 平面メッシュ、平面コンターのクリップボード画像の高さ表示

平面メッシュ、平面コンターのクリップボード画像に NOISE(P)およびNOISE(W)について予測点高さを "Z=...m"と表示していましたが、NOISE(W)については日影・シャドーフリッカーの場合も騒音、景観予測高さと同じ数値が表示されていたのを修正いたしました。

また、AIR、HIWAY、NOISE(H)には上記の表示がありませんでしたが、表示するようにいたしました。

その他、細かい不具合の修正を行っています。
posted by Superシリーズ更新情報 at 10:59| 共通項目